「万時オーライ ~別府温泉を日本一にした男~」|著:植松三十里

未分類

こんな男になりたい!

と思わされた物語。

失敗だらけのこの男の人生前半。

48歳にして、

「わしの人生はこれでおしまいゆうことや」

と投げやりにさまざまな失敗から逃げるようにして、新天地 別府へ。

しかし、その別府のそしてまた、その周辺の魅力に魅了され

別府温泉を日本一にしてしまう。

今日 「別府観光の父」と呼ばれている、油屋熊八。

今 44歳で悶々としている自分が小さ過ぎる。。。

主人公 油屋熊八。

1863年 穀物商の長男として愛媛県に生まれる。

少年時代に 堂島米取引所をみたことで、

その後、株で大儲け。

油屋将軍と崇められ有頂天になるも、日清日露戦争のあおりを受け、全財産を失う。

その後、いろいろと手を出すが うまくいかない。。

妻の縁あって別府へ。。

第二の人生が始まる。。

前しか見ない男。

隠居のつもりで、当時 無名な別府へ移住。

が、その別府の魅力に見せられ様々なことに取り組んでいく。

そしてその熊八の姿に、周りの人間が魅せられていく。

運までもがその熊八の姿に魅せられていく。

重なる、運命的な人との出会い、ありえないような偶然、まさかとおもう出来事。

それらの偶然は、熊八の常に前向きな行動によって

必然的に起こったと感じる。

運をも味方する。を、地で行くような生き方そのものなのかも。

最後のページに書いてある

「熊八は人生に悔いはない。」

死ぬ間際にこう思える人生を生きたい。

万事オーライ 別府温泉を日本一にした男

コメント

タイトルとURLをコピーしました